一戸建ての一階に寝室を作ってみて失敗

一戸建てマイホームを作る際に、間取りの関係もあって、夫婦の寝室は一階に作ったんですよね。バスルームを二階に持って行きたかったということもあって、夫婦の寝室を一階に配置して、そして子供部屋はすべて二階にもっていきました。しかしそのことを少し後悔しています。

なぜ「夫婦の寝室が一階なことを失敗点だと思っているのか?」と、言われましたら、それは不法侵入者が怖くて、窓を開けて寝られないからです。最近、うちの近所で空き巣や強盗事件が相次いで起きています。

「うちには盗むものないし…」とは思っていますが、けれど不法侵入者にとっては「入ってみないとわからない」というところでしょうか。だって実際に、一戸建て住宅ではなくアパートにも空き巣が入ったようですから。

そしてだからこそ、「戸締りをしっかりしなくてはいけない!」と思うわけです。なので、寝室の窓を開けっ放しになんて寝ていられないでしょう。けれど冷房をつけるまでの温度ではない日なんかは、節約のためにも窓を開けて寝たいわけです。この点において「失敗したなぁ」と思ってしまうわけなのです。