私は新築購入の際、まず登記を確認し、抵当権などが付いてないかをチェックしました。
何故ならば、抵当権が付いている場合、たとえ新築であったとしても、最悪の場合、競売にかけられてしまい、不動産の第三取得者が当該不動産の所有権を取得する結果として、当該不動産を失う結果となってしまうからです。
次に、私が注意したことは、不動産購入に当たり、実際に当該不動産を見学し、当該不動産に欠陥が無いことを確認した事です。何故ならば、後に生じてしまいかねない紛争を回避するためです。

まず、抵当権の確認は、当該不動産の登記簿を確認しました。具体的には、乙区の該当箇所に、抵当権と記載されていなければOKだと思います。御自身の判断に自信が無ければ、弁護士などの専門家に相談することも大事だと思います。
次に、欠陥住宅か否かの判断に際しては、慎重に判断し、専門家の話や実際のチェックを行うべきであると思います。今の時代、インターネットの検索機能を使用すれば、欠陥住宅の専門家を探すことが出来ると思います。

確かに、新築購入等については、楽しい、ワクワク感があると思います。しかしながら、上記のように、取り返しのつかない事態も生じることも常に考慮して、購入につき、考える必要があると思います。
皆様がより良い購入をされ、素晴らしい家庭生活をお過ごしになられることを心から思っております。