一戸建て、頑張って買ってみました。

家を購入する際、悩んだことがあります。
いろいろありますが、建売にするか注文住宅にするかです。
他には、家を購入するということはそこに定住するってことで、安易な気持ちで引っ越すということができなくなります。
その土地の辺りのルールもあるかもしれません。住んでみないとわからないことはどんなものがあるのか心配でした。

建売、注文住宅、中古物件などいろいろありますよね。
うちは中古物件はお手入れにお金がかかると聞いていたので、建売住宅か注文住宅かで迷いました。
出せれる予算も限られていたので、建売住宅に決めたのですが、いろいろな住宅を見学したので、注文住宅みたいにうちにちょうどいい家を見つけることができました。
かえって一から全部決める手間が省けてよかったと思います。
もう一つの悩みであったその土地の雰囲気やルールは、事前にいろいろ考えたり悩んだりしないほうがいいです。気にしているとどんどん怖くなるかもしれないです。
何もわからない、何も知らないでその土地に入ると、周りの人はいろいろ助けてくれるものです。

お金の面は仕方ないもので、妥協するのも必要だと思います。
一生に一度もお買い物なので最高の家を手に入れたいお気持ちはわかりますが、そのあとの生活のことも考えてください。
ローンに苦しみながら生活するのもとても疲れるし、楽しくないと思います。
最高の家に変えていくのも楽しいものですよ。
このご時世、ご近所付き合いは面倒だと思う方も多いと思いますが、近所の方とお話してみるのもよい経験になるし、人生のお勉強にもなると思います。
うちに閉じこもらず、いろいろな方とお話ししていろいろ教えてもらったほうがずいぶんお得だと思います。